トクホのお茶は高いけど痩せるの?

色々なタイプのお茶が出てきて、市場が飽和状態になった中で、
突如、現れた、厚生労働省が効果にお墨付きを与えた特定保健用食品、略してトクホ。

 

最近は、すっかり、定着した感のあるトクホのお茶ですが、どうして、トクホってのは、
あんなに一般のお茶に比較して、値段が高いのでしょうか?

 

ちょっと、コンビニに行って、トクホのお茶を探してみると、355ミリのような、
小さめのペットボトルなのに、157円と500ミリのお茶が、
90円前後なのに比較してもかなり割高な印象を受けます。

 

ちょっと考えてみて思うのは、つまり、
原材料に良いものを厳選して使用しているという
キャッチコピーが思い浮かびます。

 

例えば良質なカテキンが2倍などと言われると、成程、金額も上がるだろうな
と納得できそうに思えます。

 

確かに、それも理由には、入っているそうなのですが、本当にトクホの価格を
上げているのは、そんな理由ではないそうです。

 

トクホのお茶の価格を上げている最大の理由は、お茶の開発費です。
私達が、普通に飲んでいるトクホのお茶でも、その開発には数年が費やされています。

 

例えば、サントリーの伊右衛門特茶は、トクホで初めて、脂肪の分解という
メカニズムに焦点を当てて、体脂肪を減少させる効果を研究
ポリフェノールの一種であるケルセチン配糖体に体脂肪を減らす力がある事を
つきとめて、7年の歳月をかけて製品化にこぎつけたとか

 

たしかに、ケルセチンとかいう具体的な名前を見ると、
お茶というよりは、薬のようなイメージを持ってしまいますが、
それだと、ダイエットに効くのかなと思います。

 

もちろん、7年間にも及ぶ研究費用が、商品化したトクホには丸々上乗せされる事になります。
そうなると、一本、一本の価格があがるという事になるわけです。

 

薬も新薬の間は、高いのが当たり前なので、それと同じ事になります。

 

しかし、トクホの商品の値段があがる理由は、実はもうひとつあるのです。
それは、トクホの認可を受けるまでに掛かる手続きの費用です。

 

現在、トクホは厚生労働省が認めた、健康に効果がある商品として認められていますが、
その厚生労働省のお墨付きを得る為に、多額の費用が掛かると言われているのです。

 

その金額は、ざっと1億円にもなるんだとか、、それだけ掛かれば、
確かに簡単に安売りという訳にはいかなくなるんでしょう。

 

そう考えると、量も多い、普通のお茶がどうしてトクホよりは安いか
何となく理解できますね。
そのトクホよりの安いしずっと成分も良いお茶もありますし
本当に痩せるお茶は他にもある
というのが私の考えですので参考にしてみてください。

 

 

関連ページ

カテキン接種は痩せる為の近道
カテキン接種は痩せる為の近道なんです。