黒ウーロン茶で痩せた柴田さんの口コミ体験談

こちらの記事でも紹介しましたが黒ウーロン茶は非常に効果的です。

 

黒ウーロン茶で痩せた柴田さんの口コミ体験談を紹介しますので
参考にしてみてください!

 

烏龍茶ウーロン茶をずっと飲んでいました。
というのも、ウーロン茶は中性脂肪を下げると聞きましたので、
体質的に何もしないとすぐコレステロールと中性脂肪値が上がってしまう私は、
ウーロン茶を常飲することになったのです。

 

中性脂肪には効果ありで、血液検査で200近くあった中性脂肪値は正常値に戻りました。
ウーロン茶にもPM25の影響があって在庫がない時期があり飲めない期間がありましたが、
その時は中性脂肪値が跳ね上がっていましたから、ウーロン茶が中性脂肪を下げることは確かです

 

ウーロン茶よりも痩せるお茶

 

黒ウーロン茶のダイエット効果について。

 

これも体験から、ウーロン茶を飲んでいると太れないことが分かりました。
ということは、逆に考えますと、ウーロン茶には、ダイエット効果があると言えるのではないかと思います。

 

というのも、私はコレステロール上げないために食事療法を取ったのですが、
やせすぎて35キロになってしまったので、太るためにガンガン甘いものを食べてみたのですが、
若い時はこの方法でで8キロくらい太った実績がありました。

 

ところが、中高年になっているので、甘いものを食べているのに太ることはできず、
挙句の果てに脂肪肝になってしまったのです。

 

元よりどちらかといえば、太り体質の私が、それ以来、太ることを諦めなければならない状態に陥ったわけですが、
私のこの体験から、ウーロン茶にはダイエット効果があると言う結論に達したわけです。

 

ウーロン茶よりも痩せるお茶
ウーロン茶には、ポリフェノールが含まれていて、これは活性酸素を阻害し細胞の活性化に寄与するので、
美肌効果は期待できるという事は知っていました。

 

ダイエット効果については、体験的に知っていましたが、もう少しその根拠を調べてみると、
ウーロン茶は、体内に取り入れた食物の脂肪分を吸収して、体外へと出すという作用があるそうなのです。

 

こうした効果により、ウーロン茶は「カロリーゼロ」どころではなく「カロリーマイナス」の効果があるようです。
ところで、ウーロン茶と緑茶とは同じ茶葉なのだそうで、緑茶とウーロン茶は、まさに兄弟のようなものだったのですね。

 

緑茶は、緑茶に含まれる酵素を加熱処理し不活性化し乾燥させたもので、
一方のウーロン茶は、この茶葉を発酵させ、途中で中止し半発酵させたお茶なのだそうで、
この発酵効果によって、緑茶にはないポリフェノールが生まれたと言われます。

 

私はお茶も好きで、こちらも常飲しています。
緑茶には有名な緑茶フラボノイドであるカテキンが、豊富に入っています。
このカテキンは、ウーロン茶ポリフェノールと同様、活性酸素を阻害し細胞の老化を防ぎますから、
美肌効果もあり、また、この強い抗菌作用は風邪予防、うがいにも推薦されますし、虫歯菌も殺してしまうそうです。

 

さらに、この緑茶にもダイエット効果もあるというのです。
緑茶は、体の代謝を活性化させる働きがあるそうですが、これは緑茶に含まれるカテキンの影響のようです。

 

カテキンは、脂質を分解し燃焼させる働きがありますし、
緑茶にはカフェインも含まれているので、体内活動を活性化させその結果
脂質を分解してくれますので、ダイエット効果が期待できるのです。

 

もっと学問的データーも報告されていて、口から体内に摂取された脂質は、
胃から小腸へと移る間に胆汁によって乳化されるそうですが
お茶のカテキンは胆汁による乳化を止め消化吸収を抑えるのだそうで
それでダイエット効果があるのですね。

 

というわけで、ウーロン茶にも緑茶にもダイエット効果があることが分かりました。
では、どちらにしたらいいかということですが、ウーロン茶の方が体を温めるそうです。

 

ダイエットとして、これらのお茶を試してみるのならば
緑茶は春夏にして、ウーロンは秋冬にしたらどうでしょうか。
ただ注意として、空腹時にウーロン茶を飲みすぎないようにしましょう。

 

胃腸に刺激が強く、胃腸が荒れたりすることもあります。
特に、中高年の方は、くれぐれも体を冷やすことのないよう
夏でも暑いとはいえ常温で飲んだほうがいいようです。