心をケアするお茶で痩せよう!

飲むと痩せる、
と言われているお茶は、たくさんあります。
例えば、
整腸作用があるお茶や、消化を促してくれるお茶などです。
お茶ダイエットをする人は、
そのような、体に直接働きかけるお茶を選ぶことが多いと思います。
そこで、
ちょっと視点を変えたお茶ダイエットの体験をお伝えします。
私がお茶ダイエットで選んだのは、
ハーブティー
です。

 

ハーブティーでダイエットといえば、
デトックス作用が高いルイボスやフェンネルが有名です。
しかし、
そのようなハーブティーではなく、
「心に作用するハーブティー」
を選びました。

 

飲用している3つのハーブティーと、その効能を紹介します。

 

・ジャーマンカモミール
効果…リラックス、胃腸を整える、など。
・オレンジピール
効果…リラックス、整腸作用、胃腸を整える、抗うつ作用など。
・ラベンダー
効果…リラックス、不眠改善、消化不良など。

 

それでは、
痩せるお茶とダイエットとの関係を見ていきましょう。

 

みなさんは、
ダイエットに対してどんなイメージがありますか?
辛い・大変・続かない、など、
ネガティブなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
ネガティブな行動に出てしまう時、
人は、どんな心理状態でしょうか。

 

イライラ・ムカムカ・辛い、など
心がささくれ立った状態であることが多いですね。

 

そこに注目して、
心を整えてネガティブな行動を減らす為に、ハーブティーを選んだのです。
私が選んだハーブティーは、
先に記したように、寝る前に飲むとリラックス効果が得られます。

 

ですので、寝る前に飲むのが習慣ですが
起床時、調子がぱっとしなかったら、
ハーブティーを職場に持っていきます。
そして、気分を切り替えたいときに飲むのです。

 

一度飲んだら、ずっと前向きでいられるわけではありません。
しかし、飲んですぐに心を落ち着かせる効果は
確かにあるのです。

 

例えば、こんなことがありました。
翌日、緊張するプレゼンが控えていました。
前日、殺気立っていた私は、
猛烈な勢いでお菓子を食べ続けながら
作業をしていました。

 

なにかを口にしていないと、イライラするのです。
帰宅後も、
ひたすら食べながら準備を進めていました。

 

作業が進まなくなり、手が止まると、
ふと、その日はハーブティーを飲んでいなかったことを思い出しました。
そこで、
ハーブティーを用意し、飲みました。

 

すると、
それまでずっと止まらなかった食欲が、
すっと消えたのです。
もともと空腹で食べていたのではなく、
気を紛らわす為に食べていました。

 

だから、
気持ちを落ち着かせることが、
無駄食い防止の特効薬になったのです。
このように、人がつい食べてしまう時は
気を紛らわせたかったり、現実逃避したかったりといった、
心理的要因が多いです。

 

だから、
心をケアする目的でお茶を選ぶというのは
ダイエットに効果があるのではないかと思い
ハーブティーの飲用を続けています。

 

もう1年以上飲用しているためか
心も落ち着き、
狂ったような食べ方が減りました。
加えて、
胃腸を整える働きも作用しているのか、
胃の調子も良くなり、
心も体も健康になれるダイエットが順調に続いています。

 

くみこさん40代の口コミ