お茶ダイエットには大きく分けて2種類があります。
いわゆる「ダイエットティー」と言われるものを使う方法と緑茶や中国茶・ルイボスティーなど普通のお茶を使って行う方法です。

 

どちらのパターンでもお茶に含まれるカテキンなど様々な成分の脂肪燃焼効果や代謝アップ効果を使ってダイエットすることに変わりはありません。
また、便秘の解消やむくみの解消などの効果も期待することができます。
ですから「必ずダイエットティーでないと効果がない」とか「このお茶でないといけない」ということはありません。
基本的に好みのお茶を使って行うことができます。

 

お茶を選ぶときにひとつ気をつけなければいけないことは、「お茶にもカフェインが含まれている」ということです。
ですからカフェインの採りすぎを気をつけたい人や胃腸の弱い人などはノンカフェインのお茶を選ぶといいでしょう。

 

痩せるお茶ダイエットのポイント指南

 

ダイエットとしてお茶を飲む場合、基本的な方法としては以下のポイントがあります。
一日の飲む量はおよそ2リットルを目安とする。
食事の前にお茶を飲む。
運動の前・運動中にお茶を飲む。
入浴前後にお茶を飲む。などです。

 

1日に十分な水分を摂取することは、便秘解消や代謝アップのために身体のめぐりを良くするためにも効果があります。

 

食事の前にお茶を飲むことで空腹感が抑えられて、食べすぎを防ぐことができます。
だからといってあまりたくさん飲むと今度は食事ができなくなりますから、空腹感をまずは落ち着かせる程度にしましょう。
ダイエットティーの中には脂肪や糖分の吸収を抑制する効果のあるものもあります。

 

運動前後や入浴前後は運動や入浴によって失われる水分を補給する効果もあります。
また、脂肪燃焼効果で運動の効果も一段とアップすることが期待できるのです。

 

痩せるお茶ダイエットをするとこんな良いことが

 

お茶ダイエットのいいところは「必ずこの方法でないと効果が出ない」ということはないことです。
1日に2リットルも飲めない、という人もあるでしょう。
食事中は、お茶など飲む習慣がないという人もいるかもしれません。
必ずしも数字ややり方にこだわることなく自分の生活のペースにあった方法で無理なく行うことが長く続ける秘訣です。

 

また、お茶はカロリーがゼロか・あっても低いというものです。
甘いものも我慢して運動をして、というダイエットに頑張っている人にも安心してお勧めできるものです。

 

お茶ダイエットは残念ながら短期間で効果のでるものではありません。
続けているうちに少しずつ体重が減ったり体調が整ったりするものです。
1週間や10日程度で結果が出ないからといってあきらめることはありません。
運動やバランスのいい食事など、ダイエットの基本に気をつけながらお茶もプラスすることでより効果を実感することができるでしょう。